petite cerise*

お月様在住の愛うさ「モコちゃん」のこと。2代目うさ「ポコたん」のこと。ハンドメイド記録など。。

不正咬合

モコちゃんのことで色々気になっていたことがあり、
昨日、病院へ連れて行ってきました。

ライトキャリー用のカバーはまだ作っていなかったので、
いつもの布製キャリーにモコちゃんを入れ、シートベルトで助手席に固定して、
左手でキャリー内のモコちゃんを優しく撫でながら、
安全運転に集中して、病院に向かいました。


14052074160.png


斜めのベルト部分は、うまく固定できてないけど。。
(持ち手部分にベルトを通したら良かったのかな~?)


14052074310.png


うん、着いたよ(*^^*)
この間(→)みたく、ヨダレでびちゃびちゃにはなってないか確認。
うん、大丈夫みたいで良かった!
ママたんが付いてるから、病院も頑張ろうね!


気になっていたことはというと。。。

鼻(Y)の縦のラインが、いつも軽く湿っているのが昔からずっと気掛かりだったのですが、
最近、それが益々目立つようになってきたこと。


14052131920.png


室温は、エアコン除湿でしっかり管理しているつもりなので
暑さによる鼻水やよだれではないと思っていたのです。
(今までの診察では、この程度なら問題なしとのことでした。)

次に、涙が出ている様子がたまに見受けられること。
(下瞼の毛がカピッとしてることがたまにあり、気になっていたのです。)

そして、最後に・・・病院に連れて行こうと思った一番の決め手は、
片側の歯(右の歯)ばかりで咬んでいるということ。


これには、パパさんも『よく気付いたね~!』と驚いてましたが、
愛しいモコちゃんを毎日観察しているので、当然です。
食欲もウンピも正常で、元気もありましたが・・・
色々気になることが重なって、何だか嫌な予感がしたのです。


この日は、初めて院長先生の診察が当たりました。
(先生が4~5人いらっしゃって、ローテーションだそう。)
うさぎ医療に関しては、経験や知識は勿論、
常に緊張感を持たれており、モコちゃんの診察も慎重に進めてくださり、
歯の異常にも、すぐに気付いてくださいました。

やはり、タイトルにもあります通り“不正咬合”だそう。
左側の奥の方の下の臼歯が2本、山形に尖ってました。

院長先生曰く、『実は上の方の歯に問題がある気がする。』と。
『恐らく、歯根が腫れてる(?)んじゃないかなぁ?詳しく見てみないと、ハッキリは言えないけど。』
今回の院長先生の診察で、原因がようやく明らかになり、
ショックは勿論あるものの、ほっとした面もありました。

さすが院長先生。こちらの質問にもハッキリ答えてくだって。
もっと早くに院長先生に診ていただけていたら、
もしかしたら、以前の診察でも違う結果が出ていたりもしたのかな?
(どの先生も丁寧に診てくださってるので、ただ状態が悪化しただけかもしれないけれど。)
昨日は思いきって病院に連れて行って、本当良かったなって思いました。

このままにはしておけないので、その場で歯のカットの予約をお願いすることに。
麻酔や治療に伴う危険などの説明を受け、
15日の朝、モコちゃんは歯の治療で再び病院へ行くことになりました。
お迎えは夕方になるそうで、普段食べている食餌と一緒に、
キャリーごとモコちゃんを預けることになるそうです。

布製キャリーでは、モコちゃんがごはんを食べるとはとても思えない。
(キャリー内では、1度も食べたり、飲んだりしたことないのです。)
ライトキャリー、買っておいて良かったなって心底思いました。
ライトキャリーにも慣れ、ごはんも食べる癖を付けているので、
あとは、キャリー用に買った吸水ボトルでお水が飲めるかどうか確認するため、
今朝からキャリー用の吸水ボトルをいつもの場所に設置。


14052132070.png


飲み口がいつものより少し小さめなので、どうかな~?
飲まなかったり、飲みにくいようなら、
いつものデカボトルを預けようと思って様子を見ていましたが・・・


14052132240.png


泡がぶくぶく上がって、上手に飲めている様子が確認できたので、
これなら大丈夫そうです(*^^*)


淡々と書いてるようにも見えるかもしれませんが、
昨日は時間が経つ度に不安が募り、メソメソ泣いてしまいました。
まだ1歳なのに、不正咬合だなんて。。。

ようやく、牧草ジプシーを卒業して、
沢山食べてくれる牧草にも巡り会えたのに。。。(>_<)
(まだ記事にしてませんでしたが、ウーリーのソフチモを食べたのがきっかけで、
今はウーリーコラボであるしっぽオリジナル2番刈りをメインに、
1番刈りと穂を取り除いたオーツヘイを混ぜて与えてます。)

何より、大嫌いな病院に連れて行かれたにも関わらず、
モコちゃんは、urara*に対して怒る様子は全くなく・・・
(キャリーに入れる前と、病院では何度も足ダンしてました。)


帰宅すると、すぐに牧草にがっつき、


14052075700.png


そのあとは、ケージの扉を開けているとお部屋に出てきて、
urara*のそばをチョロチョロ。

ケージに戻ったあとは、構ってほしそうにお鼻を突っ込み、
じーっと見つめてくるので、扉を開けて手を差し出すと手の中へ頭をすぽっ。


14052075000.png


このアピールが、昨日は何度もあり、
urara*の手もペロペロ舐めてくれました。

夜のへやんぽタイムでは、すごく元気に走り回って、
何度も一緒に鬼ごっこして遊びました。
疲れたら、urara*が寝転がるそばでごろんちょしてくれたりして。
そんなモコちゃんの健気な姿に、余計に胸を打たれ、
そばでくつろぐモコちゃんを腕でそっと優しく包んで、またウルウル。

モコちゃんの前で泣いたりしたら、不安を与えちゃうからダメダメ!
そう自分に言い聞かせつつも耐えられず、
ちょうど帰宅したパパさんに、『どうした?』って心配されつつ、
そのままバトンタッチして、お風呂でメソメソ泣いて・・・
娘たちに励まされる始末。。。


それから、嬉しいことに・・・


14052075510.png


段差をなくすためにおざぶで工夫した2階(→)で、
ようやくごろんちょ姿を見せてくれました。


それから、不思議なことも!
前日にはあれだけ右側ばかりで食べていたモコちゃんが、
病院から帰宅してからは、左側の歯で食べる姿を何度も見せてくれるのです。


14052132410.png


無理してない?
これで尖った歯がちゃんと削れてくれたらいいのにね。

ていうか、こんな風に左の歯でも食べてる姿を見ていたら、
昨日すぐに病院に行こうとは、きっと思わなかっただろうな。
いつもモコちゃんに、『具合が悪い時は、隠さずママたんに教えてね。』
って話しかけてたから、右側ばかりで食べてる姿を見せて、
お口の中の具合が悪いのって、教えてくれたのかな?


今後、定期的に歯のカットが必要になるかどうかは、
詳しく調べてみないと分からないそうですが、15日の歯のカットはもう目前。
急いで、ライトキャリー用カバーを製作しないといけないので、
しばらくコメント欄は閉じさせていただきます。

頂いているコメントに関しては、昨日は落ち込んでしまってお返事が書けませんでしたが、
モコちゃんの元気な姿と、健気で愛らしい様子に励まされ、
今朝は前向きな気持ちを少し取り戻しましたので、
ゆっくりお返事の続きを書きたいと思っております。
キャリーカバー製作に恐らく時間もかかると思いますので、
落ち着くまで、もうしばらくお時間をくださいね。



明後日の15日に、初めての麻酔と歯のカットを控えたビビリなモコちゃんに、
『ガンバレ*』の勇気玉と、エールをお願いします<(_ _*)>
↓↓↓
にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

応援頂きありがとうございます!
いつも大変励みになっています。

メッセージのある方は、拍手の方にお願い致します。

テーマ: うさぎ | ジャンル: ペット
勇気玉をモコちゃんに。 | Home | ムフフ*